EXTERIORエクステリア

快適な空間づくりを共に

 井上定の歴史の中で、エクステリアという言葉が出てくるのは昭和47年頃。やはり当時は我々も取り組むことに不安も感じました。しかし、その後の市場を顧みれば、不安は杞憂にすぎなかったことがわかります。鉄鋼二次製品から板金資材そして建材という流れの中で、エクステリアは突如歴史上に登場します。しかし、当時集められた担当者が、会議を重ねるたびに目を輝かせてきたことが社史に描かれています。昭和54年にはエクステリアセンターを開設、今や、井上定の押しも押されもせぬ看板商品。30,000を超える取扱いアイテムは国内でもトップレベルです。
  エクステリアは建材以上に生活に密着した商品です。これは、求められるニーズの幅広さをも同時に意味します。アイテムをそろえるだけでいいのか。30,000を超えるアイテム以外にもまだ良い商材が眠っているのではないのか。ただ、流通の中に位置し、中間業務をこなすだけではこの仕事に未来はありません。どん欲なまでに最高のものを追求することも業界のリーダーとしての役割だと考えます。実績はメーカーとの強い信頼関係を築きあげました。真のユーザーの要望をフィードバックすること、さらにメーカーの手の届かないアイテムをオリジナル商材でフォローすることも私達の重要な役目です。エクステリアに関しては決して負けない、この誇りを忘れる事なく、今後も業界を牽引していくことが井上定の使命であると考えます。

オリジナルカタログ

モダンシリーズ

「自然と住まい」をつなぎ、「人と人」をつなぐ、それがエクステリアであるべきだと井上定は考えます。

選りすぐられた高品質、高デザインの「モダンシリーズ」

門周りからガーデン、車庫まわり、景観エクステリアにいたるまで、多様化するマーケットにニーズに応えるべく、商品の供給はもちろん設計、施工までトータルに行うことで、速効性で質の高いサービスを提供します。

カタログを見る