FACILITIES住宅設備

暮らしの多様なニーズに応えて
自然とわくわくする住宅設備

 住設営業部は日本の高齢化問題を受けて平成26年に発足しました。人口減少に伴い新築着工数も減少傾向にある中、中古住宅リノベーションに注目が集まりつつあります。リフォームの中でもトイレやお風呂、キッチンなどの水回り商材に力を入れているのが住設営業部。今後の業界の成長を鑑みて始まった事業です。エクステリア、建材および板金資材が業界トップクラスである井上定で、今までの実績や知識を通じ事業の拡大を目指しています。
 生活の中心となる住宅設備商材の多数のメーカーを幅広く取り扱っています。お客様により多くの選択肢をご提供し、様々なご要望に応えていくため、日々新しい商材を取り入れ提案力の向上を図っています。