採用サイト

INTERVIEW

先輩社員インタビュー

社員カムバック制度を利用して、姫路営業所の立ち上げに関わりました。新規開拓をしながら現場では自分も工具を握ることがあります。正直、現場に勝る勉強はありません。

堤 裕太 さん2021年入社中途採用
小野店(姫路営業所) 営業主任(エクステリア)
現在の仕事を教えて下さい
エクステリアの営業をしています。姫路営業所は新店のため、お客様がいないところから始めています。新規開拓活動が仕事内容の7割を占めています。日々、他者と比べて「なぜ井上定なのか」という売りを持っていかなくてはならないので、こまめに足を運んで関係づくりに励んでいます。
営業の秘訣は何ですか?
地元トークで盛り上がることが多いです。勤務先が地元なので、土地勘もありますし、また、この地の人情もよく分かっています。ここはビジネスライクな土地柄ではないので、趣味の話などから関係作りをしていくことが多いです。対面営業の時代は終わったとよくいわれますが、私はそうは思いません。メールで済む話でも、会いに行くなど、少しの用事でも顔を合わせることで会話が生まれ、仕事に繋がることもあります。
大変なことは何ですか?
井上定は材料販売だけではなく、材料+工事で受注を受けることも多数あります。例えばフェンスだけの受注でしたら配送の手配をして終わりますが、工事まで受注となると実際にやることが増えます。工事では職人さんに細かな指示を出していかなければなりません。その時はエクステリア商材の知識だけではなく、ブロック、工具、ビスの種類、施工可能な立地かなど様々な知識が必要となってきます。
具体的には?
現場の土が柔らかいと商品の設置が出来ないこともあるので、あらかじめ職人さんにはセメントを多めに持ってくるよう指示出しをします。また、土が固い場所では、本当に工具が入るのか確かめたくて、実際に工具を使わせてもらい、土を掘ったこともあります。もちろん自分が行かなくても工事は完成するのですが、私は現場に足を運ぶことが多いです。何でも知っていたいという性分もありますが、知識不足は現場に行って職人さんと一緒に手を動かすことが一番の近道です。そういう意味で現場に勝る学びはないと言えますね。
社員カムバック制度を利用しての再入社ですが、経緯を教えてください
新卒で入社して6年ほど働いてから、異業種に転職しました。全く異なる環境や社風で働く中で、改めて井上定の上下関係がフラットなところ、堅苦しくないところ、熱い職人さんたちから成長に繋がる言葉を掛けてもらったことを思い出し、また井上定に戻りたいなと思うことがありました。転職して1年が経った頃、井上定時代の上司から戻って来いと声を掛けてもらったことで、カムバック制度を利用して再入社を決めました。私がカムバック制度第一号だそうですが、その後、同制度で再入社をした人がいたと聞いています。
尊敬している方はいらっしゃいますか?
社外で経営者のお客様と関わることが多いのですが、その方たちの全力で仕事しながら全力で遊ぶという姿から教わることが多いです。以前の私には趣味がなく、土日は家に居るような生活でした。正直、その頃は仕事に対するモチベーションもあまり高くはありませんでした。そんな時、「趣味もやりたいこともなければ仕事も頑張れないぞ」「自分のプライベートを充実させろ」と言われ、目が覚めました。
プライベートはどのように過ごしていますか?
最近はバイクの免許を取り、徳島まで行ってきました。プライベートを充実させていくことで、これまで感じなかったエネルギーが湧いてきます。目一杯遊ぶからこそ、それを楽しむために仕事を頑張ろうという気持ちが起こります。
今の目標は何ですか?
今の所属部署である姫路営業所を姫路店にしたいです。自分が立ち上げに関わったので、そこで力を発揮し、会社に貢献できればいいですね。まずはぶっちぎりの成果を出して、今の店舗を圧倒的に目立たせたいですね。将来的には自分の力で何かを変えられる立場になってみたいです。こうしたほうがいいな、と思うことを浸透させていけるようになったら楽しいですし、チャレンジをして切り開いていくのも面白そうです。
仕事とは何ですか?
仕事は面白いものです。仕事を通じていろんな人と関わることができ、そして人脈も広がります。そして、仕事のことや、それ以外のことでもたくさんの知識や知恵を知ることができます。自分ひとりで迷って悩んでいても何も始まりませんが、他者と関わっていくことで開ける扉があり、まさに仕事は自分を成長させてくれるものだと思います。
後輩へのアドバイス
社会に出ると「よく遊んでいるけど、よく仕事が出来る人」がいます。それが今は何となくわかります。仕事をしっかりしよう、と思うのではなく、遊ぶことも含めて様々な経験をして、それを仕事に生かすというメリハリのある生活は、どちらにもいい影響があると思っています。無趣味だった自分が、いろんなところに行くこと、見ること、遊ぶことで仕事を頑張れている今、言えるのは「動きまくったら何かが見える」です。是非皆さんも動きまくって自分というものを見つけてください。