採用サイト

INTERVIEW

先輩社員インタビュー

尊敬する先輩や上司の背中を見て、学ぶことが多い営業。たくさんアドバイスやヒントを貰いながら成長しています。風通しがよく笑いの絶えないこの会社で、これからも頑張ります。

今井 彩仁 さん2019年入社新卒採用
宝塚店 営業(建材)
現在の仕事を教えて下さい
建材担当の営業です。主に建物の屋根や外壁、雨といなどを取り扱っています。お客様から来た注文をメーカーさんに発注し、納品することが仕事です。お客様は個人の住宅から公共施設と規模も様々です。この仕事につく前は、屋根と言われてもただ屋根のイメージしかありませんでしたが、実際に仕事をしてみると、素材や種類などが沢山あることが分かり、日々勉強の毎日です。
印象的な仕事は何ですか?
誰もが名前を知っている大きな施設や建物に関わることができたことです。規模が大きいと納品する商材も多いので、運ぶだけトラックが何台も必要ですし、総額も何千万になります。そんな時、不安になることもありますが、自分ひとりで抱えず、上司や先輩に確認をしながら進めています。
上司から言われてうれしかった一言は?
「若いうちは失敗してもいいから積極的な営業をしてほしい」と上司から常に言われています。私は少し納期が厳しい相談になると「ちょっと難しいかもしれませんね」と弱気な返答になってしまいがちですが、上司からは周りがフォローするからお客様のために動くようにと言われています。
目標にしている人は?
店長、そして先輩たちです。大きい現場に関わる頻度も違いますし、それにまつわる知識の量も断然多いです。また、お客様との関係性も助け合いをしていく仲間という感じで、私も上司や先輩たちのように、自分から動くこと、協力をしていくことで仕事を増やしていける営業マンになりたいです。
仕事で大切にしていることは?
レスポンスの早さですかね。これは先輩たちの対応の早さを日々見ていて、私も意識をするようになりました。また、確認の大切さです。以前、納品の際、自分が手配したトラックが大きすぎて現場に入れなかったことがありました。道の幅や荷物の大きさなどをきちんと確認しておかないと、荷物が詰めない、現場に入れないということが起こってしまいます。細かなことでもひとつひとつ確認していく大切さを学びました。
入社後の研修はどんなものがありましたか?
入社1年目の研修で印象に残っているものがあります。実際の現場に行って壁材の施工方法を見るというものです。実際の様子を見ることができたのはいい機会でした。また、実際の商品を作っている工場を研修で訪問しましたが、もう一度見てみたいですね。当時、入社したばかりだったので何がどうなっているのか分かりませんでした。あれから仕事をしていく中で少しは知識がついたので同じものを見ても理解ができて、面白いんじゃないかと思います。
生活環境は変わりましたか?
現在は会社の近くのアパートに住んでいます。福利厚生が充実しており、家賃の自己負担は1万円なので助かっています。学生時代に一人暮らしをしていましたが、当時は昼夜逆転の生活でした。今は平日に早起きして会社に行く生活をしているので、その習慣で休みの日でも6時に目が覚めます(笑)。
ご自身の就職活動はどうでしたか?
メーカーや商社の営業を中心に就職活動をしていました。実は他の企業からも内定を頂いていたので悩みましたが、井上定に決めました。決め手になったのは内定後の会社訪問です。内定後、採用担当の方から「会社を見に来ませんか」とお誘いがあり、採用担当の方と、若手の社員の2人が会社を案内してくれました。実際に働く人たちを見てみると、殺伐という雰囲気は全くなく、和気あいあいと楽しそうに働いていました。その雰囲気が印象的で、入社を決めました。
実際に入社してみてどうですか?
コミュニケーションという点において、非常に風通しがいいところだと思います。もちろん、忙しい時や集中しなければならない時もあるので、雑談ばかりしている訳ではありませんが、上司や先輩との会話の中で、1日1回は笑っています。一人暮らしで家に帰ると話し相手が居ないので、この雰囲気の会社で働けるのは非常に楽しいですね。
先輩から一言
私の就職活動は、悪い結果のほうが多かったです。そして、そんな時、自分のことを必要としてくれる場所なんて無いと思ってしまうのですが、悪い結果はすぐ忘れるようにして、気持ちを切り替え、次に向かうようにしました。就職活動を続けていく中で井上定と縁があり、こうして今働いています。皆さんも必ずどこかに自分と縁がある会社がありますので、その出会いを求めて、自分からチャンスを増やしていくための取り組みをしてください。 建物に携わるこの会社で働くことで、住んでいるエリアに自分が携わった現場が増えていきます。歩いていて関わった建物を見るたび、こんな現場もあったなーと思い出します。これまで自分がお客様側だった建物が、携わる側になれる喜びもありますし、やりがいのある仕事です。