会社情報
沿革


我々はどう変わってきたのか。

昭和11年2月 創業者井上定雄が鉄鋼二次製品販売業として
立売堀に井上定商店を開業。
卸問屋でなくてもいい。大きな小売店を目指そう。「売ってやる」から「買って頂く」への意識変革は早くから創業者の心に芽生えていました。
昭和24年4月 社章制定。
昭和29年12月 西区立売堀に本社、営業所を新築移転。社員11名。
昭和34年10月 神戸店開設。
昭和35年10月 東京店開設。
昭和36年1月 大同鋼板の亜鉛鉄板を販売。
卸問屋にこだわらず、工務店、板金店さんのニーズに応えていこう。それは時代のニーズに応えていくということでした。さらに、支店網を拡大してユーザーのニーズに接近しました。
昭和39年5月 大和店開設。
昭和41年11月 小野店開設。
昭和42年2月 社内報「パイオニア」創刊。
昭和42年2月 東大阪市金物町に本社ビル竣工。
昭和42年4月 東大阪店開設。
昭和42年9月 堺店開設。
昭和44年2月 電算室発足。現在のIT ソリューション部
昭和49年8月 初めてのエクステリアフェア開催(堺店)
エクステリアという新しい分野に取組みました。一からの勉強会を何度も何度も重ね、現在では業界で井上定を知らない人はいないほどまで事業を成長させました。
昭和49年9月 初代社長急逝。勲五等瑞宝章授章。
昭和50年4月 和歌山店開設
昭和52年2月 (株)福知山井上定開設。後に福知山店。
昭和54年6月 エクステリアセンター開設。
昭和54年8月 岡山店開設。
昭和58年4月 北大阪店開設。
昭和58年6月 井上和雄社長就任。社是・社訓を改める。
設計室、開発部を設置する事で流通+さまざまな機能(企画力・設計力・情報力など)を持ち、お客様をバックアップできるネットワークを目指しました。
昭和58年11月 木津店開設。
昭和63年11月 滋賀店開設。
平成5年7月 資本金1億5,030万円に増資。
平成5年7月 設計開発室開設
平成8年10月 北九州店開設。
平成9年9月 西宮店開設。
平成9年12月 福岡店開設。
住宅リフォームのノウハウを持つため、今までとは異なる支店(ショップ)を開設しました。
平成10年7月 熊本店開設。
平成14年3月 リファイン楠葉中央開設。
平成21年5月 京都店開設
平成23年10月 東関東店開設。
H19年頃から新たに住宅・法人リフォームの分野へ立ち向かいます。
平成24年10月 名古屋井上定を統合する。
平成26年3月 (株)はくさん、(株)井上定製作所を統合


井上定スピリッツ
ページトップへ